住宅ローン 家賃と同じ

住宅ローンは今の支払っている賃貸マンションやアパートの家賃と同じくらいで考えるほうが無理のないマイホーム生活がおくれると思います。
住宅ローンは
「借りれる金額」

「返せる金額」
には大きな違いがあることをしっかりと理解しておいてくださいね。

家賃と同じくらいの住宅ローン返済なら今の生活スタイルはあまり変えなくてもいい

家賃と同じくらいの住宅ローン返済
マイホームを購入するとなるとほぼみなさん住宅ローンを組むことになりあmす。
しかし、無理汚ない住宅ローンを組むには
毎月の返済額をどれくらいにするか?
しっかりと見定めなければなりません。
その住宅ローンの毎月の返済額をいくrたにするか?
はやはり現在お支払っている毎月の家賃を基本い考えるのがベターでしょ言う。

例えば居間毎月12万円程度の家賃を市浦経っているとします。
そのうち9万円を住宅ローンの返済に
3万円を管理費は修繕積立金に回したとするといくらのマンションが帰るのでしょうか?
金利は居間超低金利なので1%程度と考えます。
するとなんと3200万円の住宅ローンと同じなのです。
※金利1%、借入期間35年

『家賃は死に金!』と住宅ローンを組むことを勧めてくる不動産屋の言葉もあながち嘘ではない

よく不動産屋のセールステークに
「家賃なんて死に金ですよ」
とマイホーム購入を迫ってくることがありあmす。
そんな悪徳不動産営業マンのc拙速な煽り文句に乗せられてはいけません
確かに家賃は死に金というのはあながち嘘でもありません。

違いが出てくるの住宅ローンの支払いが終わってから

老後資金2000万円は必要!
そんなメッセージを政府が出して大騒ぎになったのはあなたもごぞ印字だと思います。
ひょっとしたら年金も減らされてしまう可能性だって大いにあるのです。

そんな老後生活で今までのような家賃の負担は大きくのしかかってきます。
高齢になてくると生活スタイルによって気軽に彦志なんてできません。
子供もみんな結婚独立したらか私たちももっと狭い家に引っ越し鵜をしよう
そんなことはできないのです。
まして高齢になればなるほど
引越しも無理
新しい環境に慣れるのも大変
そもそも今の荷物入る賃貸物件なんかありません
さらには
高齢者に賃貸入居審査が通りません。

住宅ローンが終われば毎月の返済は無くなり、生活に余裕ができる


今まで苦しいながらも支払ってきた住宅ローンの返済
それが終われば後は毎月の返済も家賃も必要ない余裕の生活設計ができます。

「賃貸でいい」今は持ち家にこだわらない人が増えたけど

今は
「賃貸でいい」
いや
「気軽な賃貸のほうがいい」
と持ち家にこだわらない人が大変増えています。

「賃貸住宅ならば気軽に住み替えもできますし、ライフスタイルに合わせて次々と移り住めるから」
というのが賃貸派の言い分ですが果たしてそうでしょうか?
住み替えや引越しっって相当な気力体力が必要で、歳をとってからはできないものなんですけどね。

賃貸住宅は自分のライフスタイルに合ったリフォームができない

いま注目を集めている「リノベーション」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
これは古いマンションや戸建てを購入して自分たちのライフスタイルに合わせて大規模なリフォームを行うやり方です。
普通のリフォームと違って
間取りを大幅に変更したり
バリアフリーにしたり
かなり大胆で個性的なお家にする方が増えてきています。

こんな芸当は賃貸物件ではできません。
賃貸はすこしのリフォームでも家主の了解が必要ですし、退去の際には元通りの原状回復義務が発生します。

家賃と同じくらいの住宅ローンでどんな持ち家が帰るか?調べてみるだけ値はあると思います。